勧誘をされてしまった時の断り方

脱毛サロンの勧誘を断るために

勧誘を断る女性
エステやサロンなどに通ったことがあるかたは、様々な勧誘にあったことがあると思います。ひとつのコースだけの利用のつもりが相乗効果があると言われてあれもこれもコースを取り入れてしまい、当初考えていた予算を大幅に越えてしまうということもあり得ます。後悔する前に、勧誘されてしまったときの断り方を覚えておくことが必要となります。

断り難い環境でもきちんと勧誘を断る

まず、施術を受けるコースが自分のなかで決まっているにも関わらず、他のコースも進められた場合は、ひとつのコースだけで十分であることを告げることが必要となります。
この時点で大抵のサロンは引き下がりますが、それでも執拗に勧誘をしてくるサロンの場合、顧客が少ないサロン、つまり効果を得ることができない可能性があるということを覚えておくことが必要となります。
そのため、執拗に勧誘をしてくるサロンに対しては、それ以上コースを増やして意味がないということを心に留めて対応すると、断り難い環境でもきちんと勧誘を断ることも出来ます。
ただ、やりたいコースがないからという理由で継続したくないと思った場合は、やりたいコースがないというと、似たようなコースをすすめてきたりされることもありますので、金銭的な問題で継続出来ない、家族に反対されたとなどという断り方をすると効果的であるとされています。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*