産後のムダ毛処理のやり方

産後のムダ毛処理について

産後の女性
妊娠中から出産後は、ホルモンバランスが変化するので肌が敏感な状態になります。

そのため、産後は肌が傷つきやすいので、ムダ毛処理の際に剃刀や毛抜きを使うと肌を痛めやすくなります。

さらに、誤った自己処理を産後に施すと肌が痒みを伴ったり、赤く腫れたりすることが多いです。

なぜなら、産後の肌が傷つきやすい影響により肌が乾燥しやすい状態でもあるからです。

よって、出産してからすぐの頃はムダ毛処理を避けるのが、肌にとって清潔になります。

理由は、出産してから時が経つにつれて、ホルモンバランスが妊娠前の状態に戻るからです。

けれども、産後にムダ毛処理の手間を省くためにサロンやクリニックに通っても、赤ちゃんの面倒を見ることに時間を費やす必要があります。

その影響により、産後は基本的に脱毛施設に通う時間を確保しにくくなるので、自己処理によるムダ毛処理を施すのが確実となります。

毛を抜く自己処理を避ける

産後は肌が敏感な状態なので肌を保湿せずに自己処理を施すと、肌に余計な刺激を与えることになります。

特に、毛抜きでの自己処理は毛を抜く際に肌の表面を引っ張るので、肌に強い痛みを与えます。

そのため、産後は毛抜きも含めた毛を抜く自己処理を避けるのが、肌にとって清潔となります。

なので、剃刀や電動シェーバーによる自己処理が産後のムダ毛処理に適した方法となります。

また、電動シェーバーは剃刀と違って肌に直接刃を当てないので、深剃りするリスクがなくなります。

よって、産後のムダ毛処理として電動シェーバーは、脱毛施設に通う時間を確保できなくても肌に負担を掛けずに自己処理するのに適した方法となります。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*