ワキガになる原因と脇毛を脱毛するとワキガが改善される理由について

ワキガの原因とは

ワキガに悩む女性
ワキガになる原因は、湿度の変化や精神面の変化によってアポクリン腺から出る汗が活発化することが原因に繋がります。

なぜなら、アポクリン腺は湿度の変化によって汗の分泌量が変化する上に、興奮するほどアポクリン腺から出る汗の量が増すからです。

また、精神性発汗になるとエクリン汗腺から出る汗の分泌量が増えるので、アポクリン腺から出る汗と混じりやすくなります。

なので、ワキガに悩まされる人の多くが多汗症で悩まされている傾向が強いです。

けれども、多汗症の人でもワキガの臭いがキツくなる前に多汗症の改善を施すことで、ワキガが気にならなくなることもあります。

なので、ワキガの臭いが気になり始めたら脇毛を脱毛してワキガの臭いを抑えるのがお勧めとなります。

なぜなら、脇毛を短くすることで脇毛に雑菌が繁殖しにくくなるので、ワキガの臭いがキツくなるのを抑えやすくなるからです。

施設で脱毛を施してもらうのがお勧め

よって、クリニックやサロンといった脱毛施設に通う時間と費用があれば、施設で脱毛を施してもらうのがお勧めです。

レーザー脱毛や光脱毛により、ワキガの原因となる雑菌の繁殖場となる脇毛を処理することで、雑菌の繁殖を防ぐことができます。

その上、施設に通うほど脇毛が生えにくくなるので、ワキガの臭いを抑えつつ肌の状態を綺麗に保つことが可能となります。

なぜなら、脱毛施設での脱毛は肌に強い刺激を与える処理を行わない上に、施術する前後に肌を保湿するからです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*