脱毛コラム

埋没毛の知っておきたい基礎知識

埋没毛とは

埋没毛に悩む女性
脇、足などに黒いブツブツが出来てしまい悩んでいる人は少なくありません。そしてその正体は皮膚の中で毛が成長する埋没毛(埋もれ毛)と言えます。埋没毛を毛抜きで無理やり抜いたりすると炎症が起こり症状が悪化してしまうので正しい知識と処置が必要です。

埋没毛ができる原因

埋没毛の出来る原因は間違ったムダ毛の自己処理で、特にカミソリ、毛抜きなどを使用すると出来やすいと言えます。ムダ毛の処理を間違った方法ですると肌がダメージを受けてしまい、ムダ毛が生えてくる毛穴が瘡蓋もしくは角質で塞がってしまいます。その結果として毛が皮膚の外に出る事が出来なくなり、皮膚の中で成長してしまうのです。
ちなみに間違った自己処理とは毛の生えている方向と逆に剃る逆剃りをしたり、乾燥した肌にシェービングローションを使用せずに剃るといったことを挙げられます。肌に負担がかかる処理をすることによりバ、リア機能が働くので角質化して毛穴を塞いでしまい埋没毛となってしまいます。

埋没毛の処理方法

埋没毛はクリニックでレーザー脱毛をすると治療することが出来ます。医療レーザーは医師が行う医療行為なので肌を傷つけないで深い毛根でも直接破壊することが可能です。お金かけず埋没毛の処理をしたい場合はスクラブを使用した方法がお勧めと言えます。スクラブはいろいろ種類がありますが米糠、蒟蒻ちった肌に優しいモノを選ぶといいでしょう。スクラブで肌を擦ることにより毛穴を塞いでいる古い角質を除去することが出来るので毛が排出されやすくなります。

アンダーケアを脱毛する時に脱毛サロンで施術を受ける人が多い2つの理由

アンダーヘアの脱毛

アンダーヘアを脱毛する時は脱毛サロンか医療クリニックで施術を受ける事になります。医療クリニックは医療機関なのでデリケートな部分であるアンダーヘアを脱毛する時に適していると考える人もいます。しかしアンダーヘアを脱毛する時は脱毛サロンで施術を受ける人の方が多いです。そこでなぜアンダーケアを脱毛する時に脱毛サロンで施術を受けるのか理由を挙げていく事にしましょう。

施術中に出る痛みが軽い

医療クリニックは医療レーザー脱毛を採用しているのでアンダーヘアを脱毛する時にレーザーを照射します。レーザーは出力が強いので皮膚の薄いデリケートゾーンに照射すると強い痛みが出てしまう事が多いです。しかし脱毛サロンは光り脱毛を採用しているので光を照射します。光の出力が弱いので皮膚の薄いデリケートゾーンに照射しても軽い痛み程度で済んでしまいます。施術中に痛みが出るのが苦手な人が多いので脱毛サロンが選ばれています。

施術費用が安い

医療クリニックは医療機関なので施術費用が高くなってしまいます。しかし脱毛サロンは定期的にキャンペーンを実施していてVIO脱毛が対象になっている事も多いです。それにより施術費用を安く抑える事が出来るので脱毛サロンを選ぶ人の方が多いです。
アンダーヘアを脱毛する時は脱毛サロンで施術を受ける人が多いのは痛みが軽いのと施術費用が安いのが理由になっています。それにより今後も脱毛サロンでアンダーヘアを脱毛する人が増えてくるでしょう。

ワキガになる原因と脇毛を脱毛するとワキガが改善される理由について

ワキガの原因とは

ワキガに悩む女性
ワキガになる原因は、湿度の変化や精神面の変化によってアポクリン腺から出る汗が活発化することが原因に繋がります。

なぜなら、アポクリン腺は湿度の変化によって汗の分泌量が変化する上に、興奮するほどアポクリン腺から出る汗の量が増すからです。

また、精神性発汗になるとエクリン汗腺から出る汗の分泌量が増えるので、アポクリン腺から出る汗と混じりやすくなります。

なので、ワキガに悩まされる人の多くが多汗症で悩まされている傾向が強いです。

けれども、多汗症の人でもワキガの臭いがキツくなる前に多汗症の改善を施すことで、ワキガが気にならなくなることもあります。

なので、ワキガの臭いが気になり始めたら脇毛を脱毛してワキガの臭いを抑えるのがお勧めとなります。

なぜなら、脇毛を短くすることで脇毛に雑菌が繁殖しにくくなるので、ワキガの臭いがキツくなるのを抑えやすくなるからです。

施設で脱毛を施してもらうのがお勧め

よって、クリニックやサロンといった脱毛施設に通う時間と費用があれば、施設で脱毛を施してもらうのがお勧めです。

レーザー脱毛や光脱毛により、ワキガの原因となる雑菌の繁殖場となる脇毛を処理することで、雑菌の繁殖を防ぐことができます。

その上、施設に通うほど脇毛が生えにくくなるので、ワキガの臭いを抑えつつ肌の状態を綺麗に保つことが可能となります。

なぜなら、脱毛施設での脱毛は肌に強い刺激を与える処理を行わない上に、施術する前後に肌を保湿するからです。

産後のムダ毛処理のやり方

産後のムダ毛処理について

産後の女性
妊娠中から出産後は、ホルモンバランスが変化するので肌が敏感な状態になります。

そのため、産後は肌が傷つきやすいので、ムダ毛処理の際に剃刀や毛抜きを使うと肌を痛めやすくなります。

さらに、誤った自己処理を産後に施すと肌が痒みを伴ったり、赤く腫れたりすることが多いです。

なぜなら、産後の肌が傷つきやすい影響により肌が乾燥しやすい状態でもあるからです。

よって、出産してからすぐの頃はムダ毛処理を避けるのが、肌にとって清潔になります。

理由は、出産してから時が経つにつれて、ホルモンバランスが妊娠前の状態に戻るからです。

けれども、産後にムダ毛処理の手間を省くためにサロンやクリニックに通っても、赤ちゃんの面倒を見ることに時間を費やす必要があります。

その影響により、産後は基本的に脱毛施設に通う時間を確保しにくくなるので、自己処理によるムダ毛処理を施すのが確実となります。

毛を抜く自己処理を避ける

産後は肌が敏感な状態なので肌を保湿せずに自己処理を施すと、肌に余計な刺激を与えることになります。

特に、毛抜きでの自己処理は毛を抜く際に肌の表面を引っ張るので、肌に強い痛みを与えます。

そのため、産後は毛抜きも含めた毛を抜く自己処理を避けるのが、肌にとって清潔となります。

なので、剃刀や電動シェーバーによる自己処理が産後のムダ毛処理に適した方法となります。

また、電動シェーバーは剃刀と違って肌に直接刃を当てないので、深剃りするリスクがなくなります。

よって、産後のムダ毛処理として電動シェーバーは、脱毛施設に通う時間を確保できなくても肌に負担を掛けずに自己処理するのに適した方法となります。

勧誘をされてしまった時の断り方

脱毛サロンの勧誘を断るために

勧誘を断る女性
エステやサロンなどに通ったことがあるかたは、様々な勧誘にあったことがあると思います。ひとつのコースだけの利用のつもりが相乗効果があると言われてあれもこれもコースを取り入れてしまい、当初考えていた予算を大幅に越えてしまうということもあり得ます。後悔する前に、勧誘されてしまったときの断り方を覚えておくことが必要となります。

断り難い環境でもきちんと勧誘を断る

まず、施術を受けるコースが自分のなかで決まっているにも関わらず、他のコースも進められた場合は、ひとつのコースだけで十分であることを告げることが必要となります。
この時点で大抵のサロンは引き下がりますが、それでも執拗に勧誘をしてくるサロンの場合、顧客が少ないサロン、つまり効果を得ることができない可能性があるということを覚えておくことが必要となります。
そのため、執拗に勧誘をしてくるサロンに対しては、それ以上コースを増やして意味がないということを心に留めて対応すると、断り難い環境でもきちんと勧誘を断ることも出来ます。
ただ、やりたいコースがないからという理由で継続したくないと思った場合は、やりたいコースがないというと、似たようなコースをすすめてきたりされることもありますので、金銭的な問題で継続出来ない、家族に反対されたとなどという断り方をすると効果的であるとされています。